TOPblog ≫ 目ン玉に注射をする!~君は耐えられるか?~

目ン玉に注射をする!~君は耐えられるか?~

 

目は人間のまなこなり。

そんなことは分かってるわ。

…と言うが、目の大事さについては

互いにおろそかになっていないか。

高校時代から眼鏡をかけ始めた私も

わずかな不便さを感じつつ、ほとんど

体の一部のような感じで、ふだんは

まったく気にかけていなかった。


blog_import_5cfa2309b1da3a.jpg

 

初めて、これはやばいんじゃないかと

思ったのは199511月だった。ミラノの

サンシーロ・スタジアムの放送席で逆サイドの

スタンドを見ているとき“異変”を感じた。

横断幕の字がよく見えない。ピッチで試合前の

アップをする選手の背番号が二重に見えた。

11が“1111”みたいに。

 

遅れてやってきた奥寺康彦さんに「横断幕、

見えますか?」と聞くと「うん、見えるよ」と。

「あらら」と思った。この日、せっかくのミラン・

ダービーなのに手元のモニターを見て実況した。

 

帰国してすぐに慶応病院に行った。

“白内障”と診断された。ユーロ96(サッカーの

ヨーロッパ選手権)の実況陣で主力になることが

予定されていたから、それは困る…と思った。

普通 この程度だと手術はしないと渋る医者を

説き伏せて、手術した。


blog_import_5cfa2309b1da3.jpg

 

人工のレンズが入っていることなど意識せず

過ごしてきたが、3年ほど前、左目の見え方が

おかしいことに気づいた。左目だけで

白い紙などを見ると中央が黒っぽいのだ。

近所の眼科で“加齢黄斑変性症”と診断された。

聞いたことがあるヤツだ。網膜のあたりで出血し、

黄班が腫れるため、ものがゆがんで見えるのだ。

 

ドクターの話を聞いたうえで私が選んだ治療法は

“ルセンティスの注射”だった。

注射かあ、嫌いだよなあ…と思ったそこの君!

ただの注射じゃない。“眼球に”打つんだ!!

 

もちろん 麻酔はするので痛みはないし、

ごく少量だから一瞬で終わる。しかし、

針が刺さるときに鈍く重いショックがある。

耐えられるが、気分のいいもんじゃない。

このときは1ヶ月後に2回目を実施した。

初め“3回”と言われていたが、症状がきれいに

消えたので、それで終わった。


blog_import_5cfa43f1d5b2f.jpg

 

しかし、“すっかり終わった”わけではなかった。

20182月、今年の1月に“まっすぐなものが

波打って見える”という、少し軽い症状が出て

注射を打った。ただし、1回で済んだ。

 

そして、9月に再発し、先日 注射をした。

210ヶ月で4回だ。医師は「少ない方です」と

慰めるように言ってくれたが、うんざりする。

少しずつ間隔が短くなっているのも気になる。

 

もっと困っているのは、この間に右目にも

異常が発生したことだ。なんか調子悪いぞと

眼科に行くと、実に意外なことを告げられた。

 

白内障の手術で入れたレンズがずれている!


blog_import_5cfa2309b1da3b.jpg


まったく予想しないことだったから仰天した。

表面張力で貼り付けたコンタクトレンズだって、

そんなことは起きないんじゃないの?

私の場合は少し下に“落ちて”いるらしい。

そのせいか、タテにダブって見える。

“一”が“二”みたいに…。

左も右も完全ではないから、ピントが

ぴしゃっと合わないのは不愉快なものだ。

テレビの字幕が見にくいし、こうして

記事を書いていても、PCの画面が見にくい。


blog_import_5cfa2309b1da3c.jpg

 

本を読むにも苦労する。遠近両用や最近 作った

読書用の眼鏡が合わないし、裸眼でも焦点が

会いにくくて憂鬱だ。

 

厄介なのは、レンズの“ずれ”は手術が

難しいことだ。ずれたんだから、元に戻すだけ…

と、思うがそうじゃないと言われた。しかも、

よく見えるようになることが保証できないと。

 

両眼とも、近い将来に視力を失うようなことは

ないらしいが、不安は消えない。なんとか

あと10年、世界を見せてください…と

“やおよろずの神”に祈る日々だ。

せっかく東京五輪のチケットを入手したのに、

“この目で”見るのはいやだなあ。

 

こんな話でこんなに長くなってしまった。

年寄りの話題は病気と孫なんだ。ごめん。

 

スポンサーサイト



Comments (4) Trackbacks (-) | blog

Comment

No title
編集
こんにちは、お久しぶりです。白内障の手術で入れたレンズがずれるなんてことがあるんですね。初めて知りました。叔母が角膜が薄くて白内障の手術がうけられず、視力がおちていく苦労を見ていましたので、岩佐さんの視力のことが心配です。これ以上視力がおちませんように…
2019年10月01日(Tue) 12:38
Re: No title
編集
パンダさん、こんにちは。
両眼とも失明することはなさそうなので
それが頼みの綱です。トホホ。
ただし、今でも、像がぴしゃっと結ばないので
うっとうしいです。
2019年10月01日(Tue) 13:05
No title
編集
岩佐さん、こんにちは。
眼に不調があると憂鬱ですよね。
(自分も数年前に「外転神経麻痺」で複視になって苦労しました。)

像のズレでしたらメガネのレンズにプリズムを入れることで多少は改善するかもしれませんので、懇意にされている眼鏡屋さんがあれば相談されてみてはいかがでしょうか?
(もし、無いようでしたら何でも親身になって相談に乗ってくれる府中の眼鏡屋さんも紹介できますが…)
2019年10月02日(Wed) 12:21
Re: No title
編集
kumasan63 さん、こんにちは。

アドバイス、ありがとうございます。
注射から1ヶ月して左目の状態が改善したら
行きつけの眼鏡屋さんに相談しようと
思っています。このままでは不便至極です。
2019年10月02日(Wed) 16:46












非公開コメントにする