TOPドラマ ≫ 面白い! ドラマ「COLD CASE」

面白い! ドラマ「COLD CASE」




 

COLD CASE

 

2003年から7年間CBSが放送した刑事ドラマだ。

舞台となるアメリカ東部のフィラデルフィアは

ニューヨークとワシントンDCのほぼ中間に

位置している。市警本部の殺人課の中に未解決の

まま倉庫に眠る事件を追う5人の刑事がいる。


00000000000 ドラマ coldcase (2)

 

“cold case”は犯人逮捕に至らなかった、つまり

解決出来なかった事件を指す。日本の警察にも

似たような部署はあるようだが、小説や映画を

見るかぎり、アメリカはとても熱心だ。

 

面白く見ている。

2010年には放送を終えているが、事件そのものが

数年から数十年前である点を除くとタイムラグは

まったく感じない。アメリカ製ドラマで面白いと

思うものに共通するのは登場人物たちが生み出す

ケミストリー/化学反応だ。このドラマでも班を

構成する5人のキャラが一つに溶け合っている。

 

際立つのは、主任の下で現場のリーダーとして

海千山千の刑事を指揮する女性刑事リリー・

ラッシュの魅力だ。キャスリン・モリスという

女優が演じている。特別 美人とは思わないが、

素晴しく“キュート”で、珍しく妻も褒めるw。


00000000000 ドラマ coldcase (3)

こうして見ると普通に美人だねw

 

明らかに、彼女より年上の、それも男ばかりの

チームを臆することなくしっかり指揮している。

ドラマと分かっていても気持ちがいい。

 

可愛くて若い女性刑事・・・当然、“恋模様”が

あってもいいのだが、初めてそれらしい雰囲気に

なったのは10話を過ぎてからだった。仕事柄

強いきずながある検事補が相手だが、成り行きは

まだ分からない。

 

シーズン1の途中まで見たが、よくできている。

しかも、とても嬉しいことにこのドラマ、なんと

トータルで156本もある。1年以上楽しめそうだ。

あえて“欠点”を探すと、戦争中の未解決事件を

再捜査するケースで、60年も前の目撃者の記憶が

あまりにもよすぎたりしてしらけることがある。

最近は、“156本”あるのをいいことに、古ーい

事件の回は飛ばすことにしている。贅沢な話だ。


 

WOWOW版 コールドケース 


WOWOW2016,18年に放送したリメイク版も

質の高いドラマになっていた。成功の理由は

オリジナルと同じで、キャスティングの妙だ。

吉田羊、三浦友和、永山絢斗、滝藤賢一、光石研…

三浦部長のもと、吉田がリーダーを務め チームを

引っ張っていた。オリジナルと同じように5人の

息がぴったり合っている。こういうハーモニーは

滅多に見られるものではない。しかも、全員の

演技力がしっかりしている。見るのが心地いい。


00000000000 ドラマ coldcase (1)

 

WOWOW版を見たことがあれば、オリジナルを

見るとき 吉田=モリスはもちろん、「ああ これが

滝藤(光石、永山)か、そしてこれが三浦だね」と

見当がつくのが楽しい。

 

この冬、シーズン3が放送される予定・・・と

聞いていたが、このコロナ騒ぎでどうなるか?

このメンバーを集めるのは容易じゃないから

ここで流れたら、次はいつになるか、分からない。

せっかく、非常事態宣言が解除されたのだから、

このまま自粛の緩和が順調に進むことを願う。




 

スポンサーサイト



Comments (2) Trackbacks (-) | ドラマ

Comment

No title
編集
こんばんは岩佐さん、毎日楽しく読ませて頂いてます。

156本! 録画してます、DVDですけど。
当時、WOWOWのプログラムを見て観始めました。
キャスリンモリスが美しかったからです。 笑
吹き替え版の声優さんもみなさんイメージにぴったりですよ、素敵です。





2020年05月29日(Fri) 21:53
No title
編集
じゅんじサンおはようございます。

モリス・・・なかなかですね。
美人過ぎないのがいいのかもしれません。
今、第2シーズンの半ばにさしかかっています。
2020年05月30日(Sat) 05:22












非公開コメントにする