岩佐徹:思うこと思うままに

Top Page › ドラマ › 「持続可能な・・・」がよかった~4月期ドラマ終る~

2022 · 06 · 28 (Tue) 07:45

「持続可能な・・・」がよかった~4月期ドラマ終る~



4月期のドラマが終わった。
綾瀬はるかと大泉洋を揃えた月9は期待外れ、
日曜劇場は展開のいい加減さに“呆れながら”、
どこが面白いのか分からないまま「特捜9」は
半分“惰性”で、最後まで見てしまった。ハハハ。
WOWOWの「TOKYO VICE」もかっこよく
作ってあるけど内容は“もうひとつ”だったなあ。
と言いつつ、作るらしい続編も見ちゃうけど。
 
低調な中で好感を持てたのはテレビ朝日の
「未来へのカウント10」とTBSの「持続可能な
恋ですか?」だった。
後者はストーリーが地味だったし、途中から
結末があまりにも見え見えだったが、松重豊、
上野樹里、井川遥、田中圭・・・と好きな俳優が
揃っていてなかなかよかった。
強力なキャスティングの作品が多かったのに
視聴率的にも4位だったのは大健闘だ。
出演者、制作陣がこの作品と真面目に向き合った
からではないだろうか?伝わるからね。

最終回、辞書編纂者の父・林太郎(松重)が
娘・杏花(上野)に言ったセリフが印象に残る。

0000000000 dramsdg (2)

辞書で“言葉”をひくと「出来事や考え、
気持ちなどを伝え合うもの」と
説明してある。杏花が赤ちゃんだったころ
パパ、ママ、抱っこ、オイシイ、好き、ヤダ、
象サン、大きいね・・・って、ひとつずつ 
言葉を覚えていくたびに心が震えた・・・。

初めの2行半はちょっと違うんじゃない?と
思わないでもないけど、身のまわりの当たり前の
事物を分かりやすく説明するのはとても難しい。
たとえば“右”。 身振り手振りが使えるなら
簡単だが、言葉で・・・と言われると途方に暮れる。
ネットで辞書たちはこう説明していると知って
“目からうろこ”だった。

0000000000 dramsdg (1)

南を向いたとき、西にあたる方(広辞苑)

この辞書を開いて読むとき、偶数の
ページのある側(岩波国語辞典)

・・・編纂者たちの苦労がしのばれる。

ちなみに、数分後のシーンでパソコンに向かった
林太郎は“結婚”についてこう打ち込んでいた。

男女が、正式に一緒に暮らすようになること。

しかし、すぐにそれを消し、老境を迎えて再婚を
決意した自分の気持ちを重ねて独白した。

愛し合う他人同士が分かり合いたいと願い
ともに年を重ね、互いの変化をいつくしみ
それでもなお分かり合えないことを知る営み。

初め“男女”と書き、次に“他人同士”と言ったのは
同性婚が認められつつある日本を意識した
脚本家や演出家の配慮なのだろうか?


人気ブログランキング
面白かったら ⇑ クリックを
関連記事

最終更新日 : 2022-06-28

Comments

No Subject

岩佐さん、こんにちはv-10

持続可能な・・・良かったですよね!
私は2話目から見たのですが
どんどん惹き込まれていきました。
上野樹里、最近、娘役がハマってますね。
2022-06-28-13:09 花みさき
[ 返信 * 編集 ]

toruiwa

No Subject

花みさきサン、こんにちは。

上野樹里は派手さはありませんが、
内面の美しさを感じます。
「監察医 朝顔」もよかったですね。
2022-06-28-13:14 toruiwa
[ 返信 * 編集 ]






非公開コメント