岩佐徹:思うこと思うままに

Top Page › 岩佐徹的考察 › 大舞台をどう読む?~スッキリせんなあ~

2022 · 07 · 01 (Fri) 08:33

大舞台をどう読む?~スッキリせんなあ~



現役アナだったときから“大舞台”の読み方に
悩まされている。研修を受けている段階で
先輩から“おおぶたい”だと教えられていた。
歌舞伎“界隈”ではそう読んでいるから・・・が
当時 言われていた“根拠”だった。

00000000000 wpa stage (2)

違和感があった。芝居以外なら“だいぶたい”と
読む方がいいのではないかと思っていたのだ。
たとえばサッカーやラグビーのワールドカップ、
テニスのグランドスラムは選手たちにとっての
“だいぶたい”ではないのか?そこに 歌舞伎の
言い方を持ち込むのおかしいだろう!w 

ただし、ニュース原稿でこの文字に出会ったら、
“おおぶたい”と読むつもりでいた。知らないと
思われるのはバカらしいからだ。ハハハ。
実況中にbig stageの意味で言いたいときには
同じ理由で“大きな舞台”と言い換えていた。

2008年のブログにはこんなことも書いている。

もし、縦3㍍、横10㍍の大きな看板を
“おおかんばん”と言うアナウンサーがいたら、
遠慮なく“大馬鹿野郎(おおばかやろう)”と
思わせてもらいます。ハハハ。
芝居の世界では“おおかんばん”以外に
ないのでしょうが、普通名詞に歌舞伎の
きまりを持ち込まないでほしいです。

・・・大舞台は“だいぶたい”で構わない説を
なんとか認めさせようと孤軍奮闘したんだ。
ハハハ。

当時から、私の主張に沿った考え方をする
専門機関もあったが、一般的にはどんな場合も
“だいぶたい”が正しいという空気だった。
歌舞伎から来ているからと“知ったか”の解説を
鵜呑みにしたり、NHKのアナウンサーが
そう言ってるからと、私にしてみれば
“あほらしい”話が根拠だった。

00000000000 wpa stage (1)

最近、少し“空気”が変わったかもしれない。
今回 検索で行きついた放送文化研究所の
HPで視聴者の質問に答える形でこう出ていた。

「ダイブタイ」でも、間違いでは
ありませんが、NHKの放送では、
「オーブタイ」と言うようにしています。

としたうえで、さらに・・・

現在、「大舞台」の読みについては、
「晴れの場・活躍の場」の意味の時は
①「オーブタイ」②「ダイブタイ」、
古典芸能の場合は「オーブタイ」
(×「ダイブタイ」)」として、
「オーブタイ」を推奨の読みとしています。

とあり、ここに至る経緯も書かれていた。

一時、活躍の場の意味では“ダイブタイ”、
古典芸能では“オーブタイ”と、意味によって
読み分けしていた。しかし、“オーブタイ”が
伝統的な読み方、“ダイブタイ”は誤用である
という意識が広がりはじめ、“ダイブタイ”を
使うと“オーブタイ”の間違いではないか、
といった問い合わせを多く受けるようになり
推奨の読み方を「オーブタイ」に戻した。

・・・悩みどころは私と同じだと分かる。
NHKが頑張って、あと5年か10年、
“ダイブタイ”を使い続けていれば、
浸透したはずなんだ。一般の市民だけでなく
民放の中にもNHK信奉者は多いからね。

この件を取り上げたのはいつも参考にしている
毎日新聞校閲センターのツイートがきっかけだ。

00000000000 wpa stage (1)

“大”をどう読むかは悩ましい。
漢語(音読みする語)、和語(訓読みの語)という
考え方があり、例外があるから決定的な
正解がないからややこしくなるんだね。
“大地震”についての解説はこちらで。
私は迷うことなく“オオジシン”派だ。
特に理由はないけど。ハハハ。



人気ブログランキング
面白かったら ⇑ クリックを
関連記事

最終更新日 : 2022-07-01

Comments







非公開コメント