岩佐徹:思うこと思うままに

Top Page › blog › メガネに苦労する~乱視やら~黄斑変性症やら~

2022 · 07 · 02 (Sat) 07:45

メガネに苦労する~乱視やら~黄斑変性症やら~



メガネを作りに行った。
テレビで好きな海外ドラマを見るとき、字幕が
読みにくいし、パソコンでブログ記事を書くにも
苦労して 半年ほどイライラが募っていた。
“諸悪の根源”は右目の乱視だ。四半世紀前に
白内障の手術を受けた。“経年劣化”でレンズを
入れた袋が破れてレンズが落ちてしまったのだ!
その修復手術を2020年10月に受けた。
仕組みはよく分からないが、それで乱視が進むと
言われていた通り、持っていた3本のメガネが
合わなくなったのだ。

00000000000000 eos glasses (1)

ここ数年は吉城寺サンロード内のIKARAという
セレクトショップにお世話になっている。
検眼が丁寧だし、客の話をよく聞いてくれる。
出来上がった品に裏切られたことはない。
術後の状態が落ち着き次第 作り直そうと
思っていたのだが、コロナ禍のせいでここまで
イライラを我慢することになった。

3年ぶりだったが、店主は覚えていてくれた。
この際、遠くを見るメガネとPCなど近くを
見るメガネを分けるか、これまで通り、遠近or
中近兼用にするかで迷っていた。本音を言えば
いちいちかけ替えなくてすむ兼用がいいので
それを伝えて “現状”を見てもらった。

結果的に2.5㍍離れたテレビと60㌢の距離の
PCを見るための“中近兼用”をひとつ作って
様子を見ることにした。うまくいかなければ
残りの2本で遠・近の“専用”を作ることにして。
あと10年も生きるわけじゃないから(ホントに)
余計な出費はしたくないけど、ストレスが
たまるのもイヤだからなあ。

00000000000000 eos glasses (2)

意外な話を聞いた。
コロナ禍が商売に影を落としていると思ったが、
“逆”だと言うのだ。家にいる時間が長くなって
ちゃんとしたメガネを作ろうと思ったり、
リモート用に作り直したりする人が増えた・・・。
聞いてみないと分からないものだ。
明らかに売り上げが落ちたものがあって それは
サングラスだという話は、感染者の減少とともに
また増え始めたという話と合わせて大納得した。

新しいメガネのせいでテレビの字幕が苦労なく
読めるようになった。同じメガネでパソコンを
操作するのにもストレスがなくなった。
・・・と思っていたが、左目だけだと見え方が
悪いことに気づいた。時間をかけて検査して
出したデータで作ったレンズが合わない!

たぶん、黄斑変性症のせいだ。今年 最初の
注射を打ってから4カ月以上経過している。
医師からは“順調”と言われて安心していたが、
字幕やPCの文字がゆがんで見える。
修正は難しいと思うが、一度相談に行こう。

目では苦労してるなあ。左右の白内障手術、
右目のレンズ修復手術、黄斑変性症の左目への
年に数回の注射・・・怖い思いもするが、
見えるだけ有難いと思わなきゃね。


人気ブログランキング
面白かったら ⇑ クリックを
関連記事

最終更新日 : 2022-07-02

Comments







非公開コメント